入れ歯|鈴木歯科医院|守山区の歯医者・歯科

入れ歯

入れ歯治療について

金属床入れ歯

一般的な保険の入れ歯は骨格部分をピンク色のプラスチックで作ります。
それに対し、金属床の入れ歯は金属で作ります。文字通り金属を使うため、たわみにくく、丈夫な入れ歯を作ることができます。金属なのでプラスチックと比較して、薄く仕上げることができるので、
違和感は少なく、お口の中を広く感じさせてくれると思います。
さらに、熱の伝わりの良さで、一層美味しく食事を楽しむことができるでしょう。

スマートデンチャー

一般的に部分入れ歯の場合、入れ歯をお口の中に固定するために金属のバネを使用します。
スマートデンチャーは、歯茎の色に合わせたピンク色のバネにすることができます。
金属バネがないため、見た目が自然で入れ歯と気付かれにくいので、お口を手で覆わずに、大きなお口を開けて笑ったり話したりしやすくなると思います。

コンフォートデンチャー

◎歯茎のやわらかさに近いシリコン技術でしっかり噛める
入れ歯の硬いプラスチックでできた歯茎に当たる面に、やわらかさが持続する特殊なシリコンのクッションを加工。
歯茎にかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。
硬いものでもしっかり噛めて、食べるものを選びません。

◎外科手術不要
オーダーメイドのやわらかいクッション。
コンフォートにするのに、インプラントのように特別な外科的手術は不要です。
心配なさらずにどなたでもご使用いただけます。
歯科医院でお口の型を採ったものを、オーダーメイドでお口の中の形に合わせて、やわらかいクッションを入れ歯に加工します。

◎お口の中でがっちり固定!安定して外れにくい
特殊なやわらかいシリコンの弾力が、噛むときに発生する顎の動きにも吸着性を発揮します。
食事や会話の際に外れにくくなり、入れ歯が安定します。
入れ歯と歯茎の間に挟まってしまうような細かい食べ物も、ためらわず食べやすくなると思われます。