小児歯科・小児矯正|鈴木歯科医院|守山区の歯医者・歯科

小児歯科・小児矯正
  • HOME
  • 小児歯科・小児矯正

虫歯について

口の中の細菌が食べかすを分解し、ネバネバした歯垢(プラーク)を作り出します。
この歯垢の中で、歯のエナメル質を溶かしてしまう“酸”が作られます。まだ歯が白く見えていて穴が開いていなくても、少しずつエナメル質からミネラル成分が溶け出している状態は、虫歯の初期症状です。この状態の場合は、だ液の力や丁寧な歯みがきで健康な状態に戻ることがありますが、どんどん酸が作られ歯を溶かしてしまうと、やがては穴が開き、歯が茶色や黒に見えてきます。

虫歯にならないために大切なこと

  • 歯垢をしっかりと取り除く
    磨き残しが多くなる歯と歯茎の境目、歯と歯の間、歯のデコボコした部分は特に注意して磨くようにしましょう。
  • 規則正しく食べる
    お子様におやつを食べさせる際は、ダラダラ食べをさせず、時間や量を決めるなど、規則正しく食べさせるようにしましょう。
  • 食後の歯みがき
    食後は歯磨きをする、という習慣をつけましょう。
    歯の磨き方指導もしておりますので、お気軽にご相談ください。
  • フッ化物塗布
    フッ素配合の歯みがき剤を使用したり、フッ化物塗布を繰り返し行うことは、虫歯予防に役立ちます。
    定期的に歯科医院でフッ素塗布や歯科健診を受けましょう。

矯正治療

当院ではお子様の矯正治療を行っております。
矯正治療を子供のうちに始めることで、顎の成長を整え、歯並びを改善し、歯や口の働きを高めることにより、虫歯や顎関節の病気の予防にもつなげます。
下記のような状態で、噛み合わせや歯並びが気になる方は、まずはご相談下さい。

反対咬合・・・
嚙み合わせたときに、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のこと(下顎前突・受け口)
 
上顎前突・・・
下の前歯や顎に対して、上の前歯や顎が大きく突き出た状態のこと(出っ歯)
     
叢生・・・
顎が小さくて歯が並びきらずに歯並びが乱れ、歯がデコボコしている状態のこと(乱ぐい歯)
過蓋咬合・・・
上の歯の嚙み合わせが深く、下の前歯が見えない状態のこと
開咬・・・
奥歯を嚙み合わせたときに、上下の歯が嚙み合わず、上下の前歯が開いている状態のこと
交叉咬合・・・
下顎が左右のどちらかにずれて上下の嚙み合わせが正常の場合とは逆の状態になっていること
切端咬合・・・
上の歯が下の歯を覆わずに、上下の歯の先端がちょうど当たる状態のこと

上唇小帯

上唇小帯とは、前歯の中央にある筋のことで、唇の裏側と前歯の歯肉の間についています。
上唇小帯は、顎の成長と共に上の方へと位置が変わっていきますが、永久歯がはえる頃になっても上唇小帯が前歯の歯と歯の間に入り込んだままの状態ですと、歯並びに影響が出てきます。この場合は上唇小帯を切除し、歯並びを改善させます。